CM
コンストラクションマネジメント
最適な物件プランの作成・提案を通じ、
安定的な収益基盤の構築をサポートいたします。

大規模改修 室内改修 原状回復工事

大規模改修工事(物件全体のバリューアップ・リノベーション)

物件固有の特性を見つけ出し、その長所を最大限に活かし、近傍同種の競合物件との差別化を図ることにより、長期間にわたって高い競争力を維持する物件へとバリューアップするリノベーションプランの作成、ご提案をいたします。
当社では、絶え間なく変化する顧客ニーズに長期間耐えうるリノベーションプランの作成・実行には、プロパティマネジメントの 空室対策ノウハウが必要不可欠であると考えます。

築年数の経過により競争力を失った物件を立て直すかリニューアルするかは非常に難しい問題です。大規模改修工事の検討を行う場合、再建築(立て直し)との比較を、「賃料設定・耐用年数・その後のランニングコスト」など、複数の項目で実施し、どちらの案が投資計画として優れているのかを判断する必要があります。
そのため、「入居者に接している現場の声」や「客付を行ってくれる近隣仲介業者様の声」の双方に触れる機会の多い、賃貸管理(PM)の経験やノウハウが必然的に必要になってきます。
当社では、「どちらを選択するか」についてアドバイスを行うことはもちろん、新築と比べて制限が多く難易度の高いリニューアル工事実施の際も、PMの経験で培った経験とノウハウを活用しながら、よりテナント誘致力が高く収益性の高いプランをご提案致します。

室内改修工事(室内のバリューアップ・リノベーション)

物件固有の特性を見つけ出し、その長所を最大限に活かし、近傍同種の競合物件との差別化を図ることにより、長期間にわたって高い競争力を維持する物件へとバリューアップするリノベーションプランの作成、ご提案をいたします。
当社では、絶え間なく変化する顧客ニーズに長期間耐えうるリノベーションプランの作成・実行には、プロパティマネジメントの空室対策ノウハウが必要不可欠であると考えます。

従来のリフォーム(新築)工事は、貸室使用面積の最大化や画一的な設備等、マクロな観点(供給者サイド)に立って行われていました。

現在に至るまでそのようなマクロな視点からブレイクダウンされた物件が大量供給された結果、競争が激化し、 必然的に入居率・賃料共に落ち込みを見せております。一方、空室物件はたくさんあるにも関わらず、当社が物件の紹介・案内を通じてお客様から、「他の店で資料をもらったが、気に入った物件が無かった…」などの声をお聞きする事が多々あります。
これは、住宅に対する選定基準が以下のように変化した結果だと思われます。

原状回復工事(小修繕)

入居者が退去される際に必要な原状回復工事には、計画や多くの手間と調整が必要になります。次の入居者がスムーズに、気持ちよく退去できるよう調整業務を迅速かつ正確に行います。

  • 現場調査により現状を的確に把握し、オーナー様に正確かつご理解いただきやすい見積書をご提出致します。
    (ex.クロス貼替:720円/m、CF貼替:2,500円/㎡ ※2019年11月時点)
  • 個々の履歴を記録保存、履歴の活用により、リフォームにかかる時間とコスト圧縮を図り、次回以降のリフォームにかかる時間とコストを省力化しております。
  • 空室期間(修繕期間)は、目に見えないコスト負担であるとの考えのもと、迅速な原状回復に努めています。

退去立会い

原状回復の範囲や費用負担を巡るトラブルが増している中、その多くは入居者への説明不足によるところが大きく、トラブルを未然に防ぐには退去時にしっかりとした説明を行い、納得していただくことが重要です。