プロパティマネジメント アセットマネジメント 建築プロデュース リノベーション 個人再生・企業再生サポート 物件紹介
不動産投資に関わるニュースや投資に対する当社の考え方などをブログ形式で綴った不動産投資コラム(不定期日記)です
最新のコラム
不動産投資に伴う指標や収益物件の管理運営についての用語は勿論、不動産の賃貸借に伴う大阪の慣習なども記載しております
不動産投資に関わるニュースや投資に対する当社の考え方などをブログ形式で綴った不動産投資コラム(不定期日記)です
大阪でプロパティマネジメントを行う社員たちが、日常を綴る不定期日記です
不動産売買仲介業者の皆様へ
設備管理・工事業者の皆様へ
不動産投資コラム
不動産売買取引事例@(御堂筋の高額取引事例やランドマーク的物件の取引事例など)
06.12.12 Tue 
不動産の取引価格が上がっている事については、不動産業界にいる人なら嫌という程、実感なり、耳にされているかと思います。

ここでは取引事例の具体例を上げてみたいと思います。

@御堂筋沿いの旧みずほ銀行心斎橋支店(御堂筋と八幡の角です。)

物件概要
取引価格:100億円程度
土地面積:約746u(約225坪)
坪単価  :4000万円超
買主   :LVJ(ルイ・ヴィトン・ジャパン)グループ
※恐らく、既存建物の取り壊し費用もヴィトン持ちだと思われます。

仏LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトンの子会社のLVJ(ルイ・ヴィトン・ジャパン)グループが取得したという事は、恐らく、グループ内の何らかのブランドが入居する形になると想像されます。

結構、ルイヴィトングループのブランドは出店し尽しているイメージがあるのですが、一体どんなブランドを持ってくるのでしょうか?

基準階については、以前に取得したDIOR(クリスチャンディオール)が入居する物件(そごう別館跡地)と同じくオフィスビルになるような話もちらほら聞こえてきます。

無難に考えるとLOEWE(ロエベ) やGIVENCHY(ジバンシー)などになるのでしょうが、それでも店舗面積は使いきれないでしょうから、案外、噂の超高級会員制セレクトショップ:CELUX(セリュックス)の国内2号店などの出店でもあるのでしょうか?

確か、CELUX(セリュックス)は入会に会員の紹介が必要で、入会金(21万円)・年会費(2万5千円程度?)まで取られるという話しを聞いた事があります。

東京ならまだしも大阪で、入会金まで支払って超高額な衣類を購入する人は、いない気がするので、やっぱり出店はないんでしょうか?ちょっと楽しみです。

この坪4000万円超の金額は、いわゆる収益価格ではなく、自社使用により見込まれる売上・利益・ブランド力の向上を織込んだ金額でしょうから、実勢価格とは若干異なるのではないか、というのが私の感想です。(実際、バブル以降の心斎橋での取引では最高価格の事例です。)

普通の不動産投資会社ではなかなか出せない金額だと思われますが、御堂筋沿で近隣に物件を所有する不動産会社さんにとっては、すごくハッピーな気持ちになれるニュースだと思います。 


ちなみに心斎橋の売買事例として、
東急ハンズ心斎橋店入居物件の売買(数年前の事例です。)も参考程度までに・・・・

土地概要
取引価格:143億円程度
土地面積:約1818u(約550坪)
坪単価  :2600万円超
※ヴィトンの購入物件と違い、取り壊す必要の無い、下記の築浅建物(優良テナント)付です。
建物概要
延床面積:約4240坪
建築年月:平成11年1月

しかも、東急ハンズからの賃料収入が、月額6800万円超、年間で8億円超ほど見込めるようです。(平成18年時点の推定賃料)
逆算すると、延べ床面積に対する月額賃料単価は、15,000円程度(坪)と推測されます。

上記の2物件を比較すると、今回のルイヴィトンの購入した土地価格がいかに高値での取引であったかが解かります。
HEPファイブ、梅田ロフトなどの売買価格など、梅田界隈の取引事例については、不動産売買取引事例Aをご覧下さい。
HEPファイブや梅田ロフトが支払っている推定賃料なども記載しております。
< 前のページ   次のページ >
最新コラム一覧へ
このページの先頭へ
株式会社スター・プロパティーズ
大阪管理部:06-6539-0011
copyright 会社概要 サイトマップ お問い合わせ