プロパティマネジメント アセットマネジメント 建築プロデュース リノベーション 個人再生・企業再生サポート 物件紹介
不動産投資に伴う指標や収益物件の管理運営についての用語は勿論、不動産の賃貸借に伴う大阪の慣習なども記載しております。
用語集
不動産投資に伴う指標や収益物件の管理運営についての用語は勿論、不動産の賃貸借に伴う大阪の慣習なども記載しております
不動産投資に関わるニュースや投資に対する当社の考え方などをブログ形式で綴った不動産投資コラム(不定期日記)です
大阪でプロパティマネジメントを行う社員たちが、日常を綴る不定期日記です
不動産売買仲介業者の皆様へ
設備管理・工事業者の皆様へ
用語集
ア カ サ タ ナ ハ マ ヤ ラ ワ
内部収益率(IRR)
DCF法でNPVが0になる割引率の事を指す。その数値が高いほどプロジェクトの収益力が高いと判断される。

通常、収益物件の投資計画より求めたIRRが、投資会社のハードルレートを超えている場合に投資(物件購入)を行う。

投資会社が不動産の購入を行う場合、リスクの許容範囲内でIRR(内部収益率)を極大化させるべく、レバレッジなどの財務戦略を駆使しながら借入金割合や投資期間などを複数のシュミレーションにより決定する。

又、プロジェクト全体のIRRはPIRR、自己資金に対するIRRをEIRRと細分化する事ができるが、IRRというとEIRRの事を示すことが一般的である。

IRRは解が2つある場合や解が無い場合がある為、注意が必要である。

このページの先頭へ
株式会社スター・プロパティーズ
大阪管理部:06-6539-0011
copyright 会社概要 サイトマップ お問い合わせ