プロパティマネジメント アセットマネジメント 建築プロデュース リノベーション 個人再生・企業再生サポート 物件紹介
不動産投資に伴う指標や収益物件の管理運営についての用語は勿論、不動産の賃貸借に伴う大阪の慣習なども記載しております。
用語集
不動産投資に伴う指標や収益物件の管理運営についての用語は勿論、不動産の賃貸借に伴う大阪の慣習なども記載しております
不動産投資に関わるニュースや投資に対する当社の考え方などをブログ形式で綴った不動産投資コラム(不定期日記)です
大阪でプロパティマネジメントを行う社員たちが、日常を綴る不定期日記です
不動産売買仲介業者の皆様へ
設備管理・工事業者の皆様へ
用語集
ア カ サ タ ナ ハ マ ヤ ラ ワ
真正売買
倒産隔離を満たすための項目の中で主要な項目であり、オリジネーターからSPCへの資産譲渡が法的に有効かつ確実に行われていることを指す。真正売買が成立していないと、当該契約は譲渡担保付き融資契約とみなされ、 オリジネーターの倒産時にはオリジネーターの更生債権や破産財産として扱われてしまうことになる。

以前、マイカルの更正事件で管財人が、マイカルへの匿名組合への売却は真正売買としては認められず譲渡担保での借り入れに当たると主張を行い、注目を集めました。裁判所の判決は、匿名組合の出資者と管財人の主張双方の折衷案のような内容であり、真正売買とは何かという本質的な問題に対し、残念ながら明確な指針が示されずに終わってしまいました。(もしマイカルの匿名組合への売却が真正売買として認められなかった場合、マイカルの資産を購入したマイカルと無関係の投資組合への出資したつもりが、マイカルの社債を購入したような位置づけとなってしまい、他の債権者同様に債権額の大幅カットがされていた事になります。)

このページの先頭へ
株式会社スター・プロパティーズ
大阪管理部:06-6539-0011
copyright 会社概要 サイトマップ お問い合わせ