アセットマネジメント 建築プロデュース リノベーション 個人再生・企業再生サポート 物件紹介
入居者管理、金銭管理や建物管理〜資産管理まで不動産経営全般の代行(プロパティマネジメント)を行いオーナーの利益最大化を目指します
PM(プロパティマネジメント)会社をお探しのオーナー様へ
当社プロパティマネジメント業務のご案内
入居者募集戦略の策定・実施
入居者管理(テナントマネジメント)
建物管理(ビルマネジメント)
資産価値の管理・向上
レポート資料サンプル
PM(プロパティマネジメント)管理システムの紹介
プロパティマネジメント(不動産総合管理)
入居者管理代行
建物設備管理代行(管理経費削減)
管理システムのサポート内容比較表
サブリースについて
サブリース(一括借上)
サブリースに対する当社の見解及び問題点
サブリースに関わるリスク・注意点の一覧
不動産投資に伴う指標や収益物件の管理運営についての用語は勿論、不動産の賃貸借に伴う大阪の慣習なども記載しております
不動産投資に関わるニュースや投資に対する当社の考え方などをブログ形式で綴った不動産投資コラム(不定期日記)です
大阪でプロパティマネジメントを行う社員たちが、日常を綴る不定期日記です
不動産売買仲介業者の皆様へ
設備管理・工事業者の皆様へ
サブリース契約をご検討のオーナー様へ(サブリースをご契約される前の注意点)
サブリースとPMの収支比較表
サブリース契約の想定条件・PMの想定条件
想定条件
収入
支出・損失
10年間での差額
ごく簡単な試算ですが、上記のように10年間の収支を見るとサブリースよりもプロパティ マネジメントをご選択されるほうが収益は上がると思われます。又、上記の表では計算に織り込んでいませんが、「敷金運用益=借入利息の削減」や「サブリース終了以降の維持管理費」などを考えますと収支の差額はより大きいものになると考えられます。
確かに賃貸物件の運営を行い収益を上げることは大変な労力が必要な為、初めて不動産投資を行われる方々にとってサブリースは、不安を解消する魅力的な提案に映るかもしれません。しかし、「サブリースに対する見解」や「サブリースのリスク・注意点の一覧」で記載させて頂いた通り、サブリースを契約したからといって、リスクが小さくなるとは限りません。
むしろ当社では、不動産管理・運用のプロフェッショナルであるプロパティ マネジメント会社による不動産経営の代行(PM)を選択し、不動産経営に関わる労力やリスクを低減しながら、サブリースに出すより大きな収益を獲得する事により、まずは投資元本を早期に回収される方が、リスクは小さいと判断しております。
このページの先頭へ
株式会社スター・プロパティーズ
大阪管理部:06-6539-0011
copyright 会社概要 サイトマップ お問い合わせ