プロパティマネジメント アセットマネジメント 建築プロデュース 個人再生・企業再生サポート 物件紹介
コストとスピードが重視される原状回復工事〜費用対効果が重視されるリノベーションまで、あらゆる工事を行っております。
建築プロデュース
建築プロデュース
リノベーション
リノベーション(大規模改修)
リノベーション(室内改修工事)
原状回復工事
個人再生・企業再生サポート
ターンアラウンド業務のご紹介
不動産投資に伴う指標や収益物件の管理運営についての用語は勿論、不動産の賃貸借に伴う大阪の慣習なども記載しております
不動産投資に関わるニュースや投資に対する当社の考え方などをブログ形式で綴った不動産投資コラム(不定期日記)です
大阪でプロパティマネジメントを行う社員たちが、日常を綴る不定期日記です
不動産売買仲介業者の皆様へ
設備管理・工事業者の皆様へ
リノベーション
プロデュース実績(リノベーション実例集)
建築思想が古く、建築当初の物件コンセプトと今日の市場ニーズにズレが生じてしまい、空室対策が必要とされる物件をリノベーションにより再生する当社の不動産再生事業の実績を掲載させて頂いたページです。
当社がプランニングや施工で携わったリノベーションの実例をご覧下さい。
当社プロデュース実例(リノベーション実例集)
エントランスリノベーション実例
エントランスリノベーション実例
入居者(テナント)や来訪者が建物を訪れるとき、必ず最初に目にするのがエントランスです。いわばエントランスは、その建物の「顔」の役割を果たしていると言えます。特にオフィスビルでは、エントランスの雰囲気や印象により取引先や顧客に与える第一印象が左右される為、入居物件選定の際に重視される傾向にあります。(当社の経験上、リノベーションによりエントランスのグレードが上がると各テナントの共有部分使用マナーも向上する傾向にあります。そういった副次的効果が最も顕著に現れるのも「トイレや給湯などを共同使用するオフィスビル」です。) 又、外観もエントランスと同様に建物を出入りする際、必ず目に留まる箇所であり、面積の大きい外観リノベーションによるイメージアップ効果は、エントランスと同等もしくはそれ以上と言えます。しかし、"エントランスのリノベーション"と"外観リノベーション"を投資案件として比較した場合、「コストが安く(※1)、工期も短い」エントランスのリノベーションの方が、費用対効果が高く即効性のある"良質な投資機会"と考える事ができます。}
※1:外壁と比べ改修面積が小さく、足場も不要。当社が行ったエントランスのリノベーション実例をご覧下さい。
外観・外壁再生(リノベーション)実例
外観・外壁再生(リノベーション)実例
築年数の古い建物の経年劣化は、外見だけでは容易に判断することができません。外壁の老朽化を放置しておくとその影響は、美観劣化による空室率の上昇(賃料収入の減収)を招くばかりか、漏水や落壁など安全性の低下(建物価値・資産価値の減価)を引き起こす要因にもなります。又、足場工事が必要で工事範囲(面積)が大きく、「多額な費用が必要になる外壁リノベーション」だからこそ「計画的な実施により、最終的に解体されるまでの使用可能期間中のトータルコストを下げる」事が重要となります。(トータル収支を考えた場合、リノベーションにより建物の寿命を長期化し、単位時間あたりのコストの低減を図る事も重要となります。又、解体まで保有せずに売却されるご計画であっても売却価格に与える影響まで視野に入れた計画を組む事が必要です。) 尚、当社では、リノベーションの実施について、まだ検討段階にあるオーナー様に対して、外壁打診調査を中心とした建物診断を行う専門業者をご紹介する事も可能です。 尚、外観リノベーション実例集には外壁リノベーションと同時施工した屋上防水の実例も参考写真として掲載致しております。
室内リノベーション実例(大規模室内リノベーション)
室内リノベーション実例(大規模室内リノベーション)
リフォームとリノベーションの違いを一言で説明すると、リフォームとは「単純に部屋の内装や設備等を新しくするための工事」であり、リノベーションとは「入居者ニーズに即した付加価値を創出するための工事」と言えます。当社では、多様化する消費者ニーズを踏まえ、「お気に入りの家具や雑貨などを配置する事により、理想とするライフスタイルを入居者自身が作り上げていける様なシンプルな空間」すなわち、「供給者側で創り込み過ぎないプランニング」を心がけてリノベーションを行っております。 当社が行った室内リノベーション実績の中で、収入を生み出さないデッドスペースから収入を生むオフィススペースへと生まれ変わらせたリノベーション実例をご覧下さい。
室内リノベーション実例(その他用途変更を伴わない室内リノベーション)
室内リノベーション実例(その他用途変更を伴わない室内リノベーション)
「自分で居住する(自社で使用する)為に行うリノベーション」と「収益を向上させる為に実施する賃貸物件のリノベーション」では、必然的に投資可能なコストは異なります。特に至便性や環境から、いくら魅力的な物件を供給しても賃料の上限が低いラインに抑えられてしまう立地に所在する賃貸物件のリノベーションを行う場合、投資コストを抑えたリノベーションでなければ、採算が合わなくなる可能性もあります。 当社が行った実績の中で、ローコストで仕上げたリノベーション実例をご覧下さい。
※・・・コスト上昇に繋がる水廻りの改修などを極力抑えたリノベーション実例ばかりです。
このページの先頭へ
株式会社スター・プロパティーズ
大阪管理部:06-6539-0011
copyright 会社概要 サイトマップ お問い合わせ